いざ チェンナイの街 へ!

チェンナイは南インド タミドゥール州の州都 インド四大都市のひとつです。
イスラームの影響下にない、ドラヴィダ文化の世界 純粋な インド文化の宝庫!!
っと、いうことで、本隊到着まで、散策に出かけました。
まずは足! 駅でみかけた青年の三輪自動車リクシャー(昔日本にミゼットという三輪自動車があって、そのまんま)に値段を交渉、、。
a0133607_1854164.jpg
a0133607_18543573.jpg
この時のレートは100円が約40ルピー
でも、歩き方の投稿では1ルピー100円のつもりで使うようにというアドヴァイスが、、。
リクシャーの青年が降りる時に100ルピーだと言ったので、もうびっくり、かなり値切って
50ルピーと交渉したけど、その中間になった記憶が、、
でも考えると、200円位の支払いだったわけで、、ちょっと気の毒、、、、っと思ったけど、
その土地の物価を上げるのは旅行者で、日本人は平気で日本のレイトの感覚で、
安いわ、、っと出してしまうのは、本当は罪作り、、っというのを何かの本で読んだのと、、
その土地に行くとその土地の感覚になってしまてって、100ルピーっと言われて、
かなりぼられているという感覚になったわけで、、でも、ほんとに、正規の値段は
40ルピーだったのがその後に判ったのですが、かなり、この時はがんばっちゃいました。
[PR]
by 2009st | 2005-11-27 13:30
<< 2005年のインドツアーでは チェンナイに単独到着! >>