<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いざ チェンナイの街 へ!

チェンナイは南インド タミドゥール州の州都 インド四大都市のひとつです。
イスラームの影響下にない、ドラヴィダ文化の世界 純粋な インド文化の宝庫!!
っと、いうことで、本隊到着まで、散策に出かけました。
まずは足! 駅でみかけた青年の三輪自動車リクシャー(昔日本にミゼットという三輪自動車があって、そのまんま)に値段を交渉、、。
a0133607_1854164.jpg
a0133607_18543573.jpg
この時のレートは100円が約40ルピー
でも、歩き方の投稿では1ルピー100円のつもりで使うようにというアドヴァイスが、、。
リクシャーの青年が降りる時に100ルピーだと言ったので、もうびっくり、かなり値切って
50ルピーと交渉したけど、その中間になった記憶が、、
でも考えると、200円位の支払いだったわけで、、ちょっと気の毒、、、、っと思ったけど、
その土地の物価を上げるのは旅行者で、日本人は平気で日本のレイトの感覚で、
安いわ、、っと出してしまうのは、本当は罪作り、、っというのを何かの本で読んだのと、、
その土地に行くとその土地の感覚になってしまてって、100ルピーっと言われて、
かなりぼられているという感覚になったわけで、、でも、ほんとに、正規の値段は
40ルピーだったのがその後に判ったのですが、かなり、この時はがんばっちゃいました。
[PR]
by 2009st | 2005-11-27 13:30

チェンナイに単独到着!

電車は動き出して、20分で市庁舎のある街 チェンナイに到着。世界遺産になりそうな駅のたたずまいにしばし見ほれました。
a0133607_17595595.jpg

チェンナイの駅の前は舗装もされている広い道路、、。でも、一歩はいると、前日の雨で
水溜りがあちこちに出来た赤土の道! 
その道をキャリアーバックを下げながら、案内するよ!っていうインド人を無視して
ホテルへまっしぐら地図を片手に歩く事10分!小さなホテルに到着。
ホテルでは、「予約を貰っていない!」っとホテルのカウンター しっかり粘って、調べさ
せると、受付た時の名前が旅行会社になっていたようで、、人数も違っていたりで、
しっかりとここは強きで交渉でした。
メンバーが到着するのが夕方、それまで街に出る事にしました。
a0133607_1883320.jpg

[PR]
by 2009st | 2005-11-27 13:10

自力でツアー途中参加 2005年のインドの旅

1週間前にスタートしたツアーと、チェンナイで合流を果たすために、一人でチェンナイ入り。タクシー使うのが不安で、なんとか、電車! っと探し出し、チェンナイの飛行場から電車で、メインタウンへ入りました。 
a0133607_17444018.jpg

写真は駅のホームから見た、チェンナイの飛行場。 飛行場からひたすら歩いて5分、前に見える壁の割れ目から、ホームへ!! そこに居た人達が親切に上に上げてくれました。 入り口がわからなくて、、緊急でした。
a0133607_17512157.jpg
安心の為にと買った値段3倍の乗車券で1等席の車両に乗り込むと、そこは男性ばかり、そして隣に普通乗車券の女性専用車両!親切なインドの女性たちと少しの間プアな英語と手話もどきで交流でした。
こちらでは、YES は首を横にふります。
a0133607_19341675.jpg

車内に入って驚いたのが扇風機と硝子の無い窓!!
窓も、入り口の扉も枠のみ!!
a0133607_19473657.jpg

心残りなのは、勇気を持って、いろいろと聞けばよかった、、。と語学力の低さが残念でした。
[PR]
by 2009st | 2005-11-27 11:10